インフォメーション

2019-11-05 09:05:00
「今月のおすすめコーヒー」は「パナマ」です。

今月のおすすめコーヒー、入荷しております。

今月は「パナマ[ボルカン地区/カルメン農園]」となります。

 

北米・南米大陸の間に位置するパナマ共和国は、カリブ海と太平洋を結ぶ「パナマ運河」を有し、交通の要衝として古くから発展してきました。

主な輸出品は船舶等の工業製品で、農産物ではコーヒーが主要となっています。

現在では動植物が生息する世界自然遺産を有する観光名所としても知られています。

 

「今月のおすすめコーヒー」は、チリキ県ボルカン地区カルメン農園で生産されたロットが選定されています。

パソアンチョ渓谷の標高1,700m~2,000mに位置するカルメン農園は、昼夜で寒暖差のある気候条件と肥沃な火山性土壌が絡み合った、コーヒーに適した栽培地となっています。

火山性土壌に多く含まれるミネラルは、土の中で分解されコーヒーの栄養素に変化し、味わいに奥深さをもたらします。

 

現在のパナマにおける最上質なフレーバーの傾向、つまりフレッシュでフルーティーな酸味もあるものの、それは決して強すぎるものでななく、全体としても非常に均整のとれたきれいな香味となっております。

パイナップルを思わせるフルーティな酸味とバニラのような甘い余韻の「パナマ[ボルカン地区/カルメン農園]」、ぜひご堪能下さい。

1杯450円です。

 

2019-10-15 09:20:00
CFB0633F-F90C-4E9C-8387-879E2597C5DC.jpg

おはようございます。

 

千曲川の氾濫など、長野の各所で被害がありました。

被害に遭われた皆さま、心よりお見舞い申し上げます。

 

幸い、ゆいまあるは被害はありませんでした。

 

今日もまたいつも通り、いつものゆいまあるで、

あたたかいコーヒーをお淹れしてお待ちしております。

心安らぐひとときとなりますように…

2019-10-01 09:30:00
今月のコーヒー201910_edited-1.jpg

今月のおすすめコーヒー、入荷しております。

今月は「マンデリン[北スマトラ州/リントン地区]」となります。

 

スマトラ島のあるインドネシアは、膨大な数の島々からなる世界最大の群島国家で面積は日本の約5倍、地理的には北緯6度から南緯11度に位置し、全土がコーヒーベルトに掛かり、ほぼ全ての地域でコーヒーの栽培が可能です。

なかでも主要なコーヒー産地はジャワ島、スマトラ島、スラウェシ島などで、アラビカ種の生産量は全体の20%弱となります。

 

さて、今月のおすすめコーヒー「マンデリン[北スマトラ州/リントン地区]」ですが、スマトラ島北部、北スマトラ州のトバ湖南部リントン地区で生産されたロットとなります。

この地域は比較的標高が高く、昼夜の寒暖差が大きいため、優れたコーヒー生産地として有名です。

品質の高さや貴重さから、同じインドネシアのトラジャと並び世界的に高級銘柄として評価されています。

 

芳醇なコク、香りと滑らかなやさしい苦味が別格のコーヒー豆です。酸味が少なく、後味にほのかな甘さが残ることも特徴です。「昔ながらのマンデリン」をに味わっていただければと思います。

「コレクター」と呼ばれる、選りすぐりの集買業者が厳選し、買い付けたカップをぜひご堪能下さい。

 

また今月のおすすめコーヒーですが、今月から1杯450円となります。

よろしくお願いいたします。

2019-09-30 12:50:00
07BFC8A2-CDBD-4DF6-9226-9BE5F57C5DB9.jpg

10月1日から、一部メニューの内容変更と価格改定(値上げ)をさせていただきます。

どうぞご了承下さい&今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2019-09-02 11:00:00
今月のコーヒー201909_editedW1_edited-1.jpg

今月のおすすめコーヒー、入荷しております。

今月は「コロンビア[サンタンデール県 ラスフローレス農園]」となります。

 

コロンビアは日本の3倍の国土面積を有し、南北にかけてアンデス山脈が連なっています。

広大な山岳地帯のほぼ全域でコーヒーが栽培され、水はけの良い肥沃な土壌など栽培に適した環境から水洗式アラビカコーヒーの生産量は世界1位を誇ります。

急峻な傾斜地で栽培されているため、機械ではなく人の手で赤く熟した果実が丁寧に収穫され、香りや味わいに優れた高品質なコーヒーが生産されます。

 

さて、今月のおすすめコーヒー「コロンビア[サンタンデール県 ラスフローレス農園]」は、コロンビアの中でも最も古くからコーヒーを栽培してきた地域のひとつ、サンタンデール県ブカラマンガ地域の南部に位置するエルピンチョテ地区ラスフローレス農園で生産されたロットを選定したものとなります。

サンタンデール県は環境保全に有益な栽培システムを保ち、自然と調和したコーヒーの生産により農薬の利用を大幅に削減した地域です。

なかでもラスフローレス農園は生物多様性に富み、現地特有の石灰石土壌によって、バランスのとれたコク深い味わいを特徴とするコーヒー豆が生産されています。

 

口当たりは本当にやさしくて、なめらかで、余韻の甘みもしっかり感じていただけるコーヒーです。

このなめらかな口当たりと余韻の甘みを感じていただきたいので、まずはブラックで、そして、後半はミルクを加えて、その味の変化を試してみるのも面白いかと思います。

1杯400円となります。ぜひご堪能下さい♪

 

また先月のおすすめコーヒー「コスタリカ ジャガーハニー」もなくなり次第、終了となりますが、450円→400円でのご提供となります。

実はかなり貴重なこの豆……この値段で飲めるのはかなりお得かと思います。

残りわずかとなりますが、ぜひどうぞ♪

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...